光を必要としない新型光触媒─それが「チタン触媒」。
佐賀県から世界へ、そして未来へ発信する画期的な新光触媒技術です。

佐賀県窯業技術研究所では、以前より光触媒の研究開発に取り組み、
県有特許である常温定着技術では、その先端を行っていました。
しかし、あらゆる産業分野で技術革新が求められる今、
光触媒も例外ではありません。
そこで当社独自の技術開発によって創出したのが、
従来の光触媒をより進化させた新型光触媒「チタン触媒」です。

光触媒は、紫外線を当てることで強い酸化力を発生させる物質で、
空気中の臭いの元や自動車排気ガスなどの有害物質、
壁に付く汚れやカビなどの分解に、大きな力を発揮します。
使うエネルギーは光だけで経済的な上、
殺菌剤のような有害な物質を発生しない安全な技術であることから、
各分野での応用が本格化し、世界的にも実用化が始まっています。
環境問題がクローズアップされる中で、
今後、ますます重要な技術となることは間違いないでしょう。

その中でも県有特許コーティング剤は、高い光触媒活性機能を持ち、
中性溶液で用途範囲が広く、不純物が少なく、安全性がすぐれているため、
国内外で高い評価を受けています。

しかし、従来の光触媒にも問題点が一つありました。
それは、光のないところでは触媒効果を発揮できないということです。
この問題を解決し、光下から暗所まで機能する新複合型触媒が
当社独自の開発技術「チタン触媒」なのです。

「チタン触媒」は、ナノテクノロジー技術により、
これまで不可能とされていた酸化チタンとリン酸の合成に成功。
光の当たらない暗所や光の量の少ないところでも効果を発揮することから、
さまざまな分野で幅広く活用されることが期待されています。

このように当社は、佐賀県県有特許を使った応用技術を研究開発し、
佐賀大学の研究チームと協働研究するため、佐賀県に先端技術研究所を設立しました。
さらなる技術進化で、光を必要としない新光触媒技術を世界へ発信すること─
それが、私たちG.G.Cの使命です。
今後も、光触媒が佐賀県産業の一つの核となるよう、
未来を拓く技術、新たな可能性への挑戦をつづけてまいります。

 
グローバルグリーン先端研究所(佐賀大学協働研究所)
〒840-2222 佐賀県佐賀市東東与賀町田中225-22
電話 0952-34-7385
FAX 0952-34-7386
E-MAIL pf-hashimoto@h-green.jp
代表取締役社長 石澤 敏男
専務取締役 橋本 達夫
技術顧問 理学博士 宮島 徹
技術顧問 工学博士 渡 孝則
 
  copyright (c)2010 GLOBAL GREEN CO., Ltd All rights reserved.